語っておきたい古代史

倭人・クマソ・天皇をめぐって

森浩一 / 新潮社 / 2001/06/01

★★★★

熱意の伝わってくる楽しい講演記録

 考古学者による講演録。1994年に大巧社より刊行された『森浩一の語る日本の古代1 倭人・クマソ・天皇』を加筆・再編集したものが改題されて文庫化された。5つの講演記録が収録されている。

 「甦る古代人の知恵と技術」では、特に製鉄技術に焦点を当てて、古代の日本列島人が持っていたテクノロジーについて語る。「女王卑弥呼の時代」は、倭人伝の紹介。「クマソの考古学」は、倭人伝に出てくる狗奴国との関連で、クマソについて語る。「古墳研究と継体大王」は、継体大王の王位継承問題にからめて、日本における古墳研究について語る。「丸山古墳と陵墓問題」は、宮内庁の課している制約が、陵墓の考古学的研究を遅らせていることに苦情を述べている。

 考古学者の熱意と、新しいことがどんどんとわかってくることの楽しさが伝わってくる好著。

2001/6/14

TRCの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ