新しい公民教科書

西部邁 / 扶桑社 / 2001/06/10

★★★

判断不能

 「自由主義史観」の人々が作った中学用の公民教科書。同時に『新しい歴史教科書』も検定を通り、扶桑社から市販された。

 「歴史教科書」の場合と同様に、他の教科書を読んでいるわけではないので、客観的な評価をすることはできない。こちらの方が「やっとるやっとる」の度合は高く、教科の性質上か、執筆者の性格上か、主観的な感慨がより多く入り込んでいるように見える。それでも、西部邁の普通の著作と比べたらはるかに穏当な内容で、進化論と創造説が両論併記されているみたいな凄いものになっているわけでは決してない。生徒に与えうる影響の大きさは、歴史よりも公民という教科の方が大きいのではないかと思うが、教師がオーバーライドする力もこちらの方が大きいだろう。

2001/6/28

TRCの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ