絶滅危惧種を見に行く

滅びゆく日本の動植物たち

藤田一咲 / マガジンハウス / 2001/07/19

焦点のはっきりしない本

 日本の絶滅種/絶滅危惧種の写真集。全国の動物園とか「保護センター」をまわって撮影するのが大変な手間だったことは想像できるが、個々の写真はあまり魅力のあるものではなく(著者は「ポートレートという手法」と述べているが、要するに図鑑に載るような写真)、また各々の種の項に書かれているエッセイが鬱陶しい。生物学的なデータのみが掲載されていた方がよかっただろう。

 エッセイ的な文章と同じように、本書のような情報提供型の(アーティスティックでない)写真も、Webの世界と競合するようになるだろう。たしかにプロフェッショナルな写真とアマチュアのカジュアルな写真の間の撮影技術の差は大きなものだが、Web上の画像を見慣れてくると、世の中には高度な撮影技術が不要な写真のカテゴリが多いことに気づく。

2001/8/12

TRCの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ