まれに見るバカ

勢古浩爾 / 洋泉社 / 2002/01/23

面白くない

 著者の本を読むのは初めて。世の中のバカを取り上げてバカにするという趣旨の本。一般人の新聞の投書とか公の場での振る舞いのバカさの指摘と、著作家の書く文章に表れたバカさの指摘の両方をやっている。

 前者については驚くほど普通の良識人の立場をとっている。個人的に見聞きする範囲では、このところ「皮肉な見方をするのはかっこわるい」という価値観がかなり広まっているように感じる。ちょっと怖い。後者については、取り上げる著作家についてまったく知識がない人を対象として書かれているようで、批判の視点が非常に表面的である。たとえば渡部昇一について、大西巨人との「論争」があったことも知らないような人に対し、「私は渡部昇一がバカであると思っている」という情報を伝えて、いったい何の意味があるんだろうか、というようなことを思った。

2002/1/15

TRCの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ