グローバル化を生きる日本農業

WTO交渉と農業の「多面的機能」

服部信司 / 日本放送出版協会 / 2001/12/25

★★★★

コンパクトな啓蒙書

 著者は農業政策に関する著書の多い人。本書は、日本の農業政策の現状を幅広い観点から解説する啓蒙書。WTO農業交渉に関する記述が多く、そこでの各国の態度を要約している部分は非常にわかりやすくて面白い。

 完全に政策決定の側というか官僚の側に立っている人なので、批判的な視点はほとんどないが、個人的にはそれがかえって有用だった。日本のとっているオフィシャルな立場の枠組みを知ることができる。他にも個別のトピックを扱っている本をいろいろと書いているようだから、細かいことはそちらを読めばいいということで。

2002/1/20

TRCの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ