日本語と韓国語

大野敏明 / 文藝春秋 / 2002/03/20

★★★★

韓国語を知らない人には面白いだろう

 著者は産経新聞の人だが、本書は韓国語と語学一般が好きな趣味人の立場から書かれている。日本語と韓国語は文法がよく似ているという話はよく耳にするが、具体的な例を豊富に使ってどのように似ているのかを解説する非常にわかりやすい本。いままで何で誰もこういう風に説明してくれなかったのか、と文句を言いたくなるような内容だった。ただし、あくまでも私のように韓国語を知らない、欧米にしか目の向いていない日本人向け。

 その他、韓国語全般の幅広いトピックを取り上げており、読み物として面白い。学者には望めない、教養ある実務家の強みが発揮されている良い本だった。

2002/3/25

TRCの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ