アメリカはなぜ嫌われるのか

桜井哲夫 / 筑摩書房 / 2002/03/20

変な本だ

 本書にはちょっとばかり驚いた。他の本のストーリー紹介だけから成り立っている本、という印象を受ける。

 アメリカ、または日米関係を扱った文化論について(ほんとうに)まったく知識のない人のためのとっかかりとしてはこれでいいのかもしれない。ただ、そういう人のためにコメントしておくと、本書で取り上げられるテキストは非常に偏っていることに注意されたい。もともと『アメリカはなぜ嫌われるのか』というタイトルの本だからとうぜんなことではあるのだが、本書は主にヨーロッパ(および日本)のアメリカ嫌いの知識人のフィルタを通したアメリカ観を紹介している。しかも、そのアメリカ嫌いをおおむね肯定する形で、かなり無批判に紹介している。

 その点に注意して読んでいただきたい。読まないのが一番よいが。

2002/4/22

TRCの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ