最新恐竜学レポート

金子隆一 / 洋泉社 / 2002/05/21

★★★

ちょっとマニア向けか

 恐竜にまつわるさまざまなトピックの最新事情を解説する本。ちょっとばかりマニア向けの、業界通による業界報告ものである。業界最新事情を知りたい人には参考になるだろう。

 本筋とは関係ないのだが、最後の第六章「化石業界のダークサイド〜恐竜業界トンデモカタログ」の最後の方に、ほんの4ページほど、インターネット上のとあるWebサイトについての記述がある。著者はそのURLを明示せず、サイト作者のことも「I氏」というイニシャルで言及している。このような参照のしかたはまずいんじゃないかと直感的に思った。

 名指しをしない遠回しの言及は、昔からよく行われてきたことだが、リンクをたどって、参照先の文書のオリジナルを手軽に読めるというWebの世界に慣れてしまった私にとって、このような曖昧な参照のしかたは、倫理性という点は措いたとしても、利便性という点で問題があるように思えてしまう(もちろん、問題のサイトは全文検索エンジンで簡単に発見できる)。

 別に本書に限ったことではないが、私は、書物のテキストが何かを参照ないし引用しているときに、そのリンクをたどってオリジナルを参照できないことに歯がゆさを感じるようになっている。近い将来、テキストのカジュアルな消費者のレベルでは、Web上のリンクを経由して読めない文書は存在しないも同然と思われる時代が来るんではなかろうか。

2002/5/25

TRCの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ