中庸、ときどきラディカル

小谷野敦 / 筑摩書房 / 2002/09/25

★★

世界が狭い

 面白くないと言いつつも、ふと気づくと著者の本は4冊も買って読んでいる(『軟弱者の言い分』を参照)。本書は『恋愛の超克』と似たタイプの、日本人のうちのせいぜい500人ぐらいが関心を持っている狭い世界での、パソコン通信レベルの議論合戦である。「あなたはなぜ私のあの発言にレスポンスを付けないんですか!!」というタイプの愚痴がいくつかあって笑えた。

2002/10/8

TRCの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ