死の病原体プリオン

Deadly Feasts

リチャード・ローズ / 草思社 / 1998/07/06

★★★★

少し散漫なノンフィクション

 著者はノンフィクション作家。クールー病から始めて、現在の「プリオン」説にいたるまでの感染性スポンジ状脳症の研究の経緯を描いている。構成が受けを狙いすぎのような感がなきにしもあらず。『ホット・ゾーン』を真似したが、それだけの筆力(あるいはドラマ)がなかった、という感じ。

 解説を書いている分子生物学者の福岡伸一は、「プリオン仮説」を信じていないようで、まだ発見されていないウイルスが背後にいるのではないかという予測を述べている。プリオン説でノーベル賞を受賞したプルシナーは、「病原体」であるプリオンを分離、精製するのには成功したが、その物質で感染を引き起こすことはできなかった。ここがいま議論の焦点となっているのである。一連の類似する病気でプリオンと呼ばれるタンパク質が重要な役目を果たしていることはほぼ確かだが、それが本当の病原体であるのかどうかがわかっていない。まあいずれ真相はわかる。

 ひとつ湧いた疑問。仮にプリオンが病原体であると確定したとして、それは本当に珍しいことなんだろうか。この現象は、感染性スポンジ状脳症というドラマチックな効果を生み出すという点で注目を集めているわけだが、同じようなメカニズムは、生物の中のもっと致命的でない部分で頻繁に起こっているのではないのだろうか? たとえば、と例を出せればよいのだが、知識がないのでわからない。

 硬膜移植で、薬害エイズと同じことが起こっているそうだ。BSEの流行自体が、畜産の工業化(牛肉のリサイクル)によって引き起こされていることからもわかるように、これは新しく発生した病気と言うことができる(ただし、CJDそのものは昔からあって、きわめて低い確率(100万人に1人)で自然に発生する)。人類が「アンドロメダ病原体」に遭遇する前に、こんなものに遭遇すると予想したSF作家は果たしていただろうか? 病理学者はまだまだ未来に希望を持つことができる。その意味で、不謹慎ではあるが、この種のエピソードは人類の未来を明るくする要素も含んでいるように思われる。意外なことで、科学は終焉から引き戻される、と。

1998/7/20

 その後、日本でもBSEに感染した牛が発見されて大騒ぎになり、類書が多数出版された。プリオン説はほぼ確定したようだ。『プリオン病の謎に迫る』の項も参照。

2002/5/26

TRCの該当ページへ

amazon.comの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ