言語哲学大全III

意味と様相(下)

飯田隆 / 勁草書房 / 95/11/25

★★★★★

感動的な教科書

 現在、第3巻まで出ている『言語哲学大全』の第3巻。

 第二部「可能世界意味論と様相の形而上学」、第4章「様相の論理学」、第5章「可能世界意味論」、第6章「可能世界意味論の応用と哲学的基礎」、第7章「直接指示の理論」、終章「必然性とア・プリオリ性」ときて、最後に文献案内と索引がある。

 様相論理を紹介し、これを解く手段としての可能世界論を紹介する。著者の可能世界意味論に対する態度は、道具主義的なもののように思われる。

 やはり美しい。あと2回は読み直す予定。

1998/7/27

TRCの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ