ヴァーンスの死闘

A Flash of Red

クレイ・ハーヴェイ / 扶桑社 / 98/09/30

★★

勘違いハードボイルド

 著者は銃器関係の本や記事を20年以上書いてきた人とのこと。小説第一作。根本的なところで勘違いしたハードボイルド小説。日本にこういうものをよく見掛ける。

 訳者あとがきに、amazon.comの読者によるレビューの評価が分かれていることの原因がイデオロギー闘争であると書かれているが、これはとんでもない勘違いだと思う。世の中にまっとうな読者とそうでない読者がいる、ということに過ぎない。

 訳がどうもひどいんですけど、厄介なことにこの訳者は『戦争と正義』とか、大傑作である『ライブラリー・ファイル』の訳者でもあるのだった。

 最後の方で主人公の息子が誘拐され、「ゴムの熊」なるものを手がかりとして残していく場面があるのだが、これって「グミ・ベア」のことでは? そもそも「ゴムの熊」って何なんだ?

1998/10/6

TRCの該当ページへ

amazon.comの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ