脚本家はしんどい

Movie

パーネル・ホール / 早川書房 / 98/09/30

★★★★

珍しく本格的?

 スタンリー・ヘイスティングズ・シリーズの10作目。

 このシリーズは何がどうなろうと読み続けるとは思うけれども、この10作目にはいつもよりも力が入っていたような気がする。スタンリーが映画の脚本を書き、その映画の撮影現場で殺人が起こるという話。

Detective 1987 『探偵になりたい』

Murder 1987 『犯人にされたくない』

Favor 1988 『お人好しでもいい』

Strangler 1989 『絞殺魔に会いたい』

Client 1990 『依頼人がほしい』

Juror 1991 『陪審員はつらい』

Shot 1991 『撃たれると痛い』

Actor 1993 『俳優は楽じゃない』

Blackmail 1994 『脅迫なんか恐くない』

Movie 1995 『脚本家はしんどい』

Trial 1996

Scam 1997

Suspense 1998

1998/10/13

TRCの該当ページへ

amazon.comの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ