遠い崖

アーネスト・サトウ日記抄2 - 薩英戦争

萩原延壽 / 朝日新聞社 / 98/10/20

★★★★★

あらゆる点から見て素晴らしい本

 アーネスト・サトウの日記をもとにした本の第二巻。第一巻は『遠い崖 アーネスト・サトウ日記抄1 - 旅立ち』である。

 この本では、薩英戦争、下関遠征、そしてそれに続く時期が扱われる(1863年8月から1865年7月まで)。アーネスト・サトウは通訳としての仕事を正式に開始し、倒幕派の伊藤俊輔(博文)や井上聞多(馨)らとの交友を深めていく。

1998/10/23

TRCの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ