ニ十世紀をどう見るか

野田宣雄 / 文藝春秋 / 98/10/20

★★★★

興味深い概論

 『文明の衝突』のコンテキストに沿って、これにグローバリズムという要素が加わったときに、国民国家というものがアイデンティティの帰属の対象とはならなくなるので、日本人はどうするんだ、という本。

 現代の日本に関する考察はともかく、20世紀の諸文明の動きの概論はハンディでわかりやすい。現代の日本に関する考察の部分は、どうしてそう思えるのかがわかりにくい。わかりにくいが、とにかく『文明の衝突』を踏まえた近未来論に関する日本人の手による真面目な考察の1つとして貴重だろう。

1998/11/20

TRCの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ