極大射程

Point of Impact

スティーヴン・ハンター / 新潮社 / 99/01/01

★★★

よくできているが

 『ブラック・ライト』のボブ・スワガー・シリーズの1作目。ところで、これまでこの人は「スワイガー」と表記されていたような気がするが、今回はスワガーとなっている。

 『ブラック・ライト』の項でも書いたが、どうやらこのシリーズの本流の部分はかなり普通のヒーローもののようで、勢いはあるにしても陳腐である。『ダーティホワイトボーイズ』がきわめて幸運な小説だったということなのだろう。

 現代アメリカにおけるスナイパーの活躍の(論理的な)余地のなさということを考えると、『地上50m/mの迎撃』のようなバカバカしい活劇の方が、中途半端なリアリティを持たせるよりもずっと有利である、という感じがした。

1999/1/8

TRCの該当ページへ

TRCの該当ページへ

amazon.comの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ