魔術師の物語

The Magician's Tale

デイヴィッド・ハント / 新潮社 / 99/01/01

★★★

なんか凡庸か

 匿名作家の第一作らしい。本のタイトルと分厚さ、そして紹介文の「猟奇と幻想の世界」という売り文句から、あるタイプのものを予想したのだが、まったく裏切られた。邦題は『魔術師の物語』であるが、『手品師の物語』の語感に近い内容である。少しばかりおどろおどろしい設定(色盲の写真家を主人公にしたことや被害者の境遇など)が、ストーリーの陳腐さのおかげで浮いている。

1999/1/8

TRCの該当ページへ

amazon.comの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ