税金を払わない終身旅行者

究極の節税法PT

木村昭二 / 総合法令 / 99/02/04

★★★★

PTについてわかりやすく書かれた啓蒙書

 PTとはPermanent TravelerまたはPerpetual Travelerのこと。特定の国に居住しないことによって、税を回避するという概念。これを日本人が実現する方法の基本的な事柄をわかりやすく書いている入門書。

 日本では、日本に居住していると、全世界所得に対して所得税がかかる。これを回避するためには、日本の非居住者となる必要がある。日本の居住者の要件は、(1) 国内に住所を有する個人、(2) 国内に現在まで引き続いて1年以上の居所を有する個人、のどちらかであるので、この2つに引っかからないようにすればよい。ただし、日本の非居住者であっても、日本国内で発生した所得については(いくつか特典があるにしても)税金がかかる。

 実際には、permanentにtravelしなくても、タックス・ヘイヴンで居住権を取得してそこに住んでいればよい。日本に「住所」と見なされるものさえ持っていなければ、日本に1年未満の長期滞在を行うことも可能。

1999/2/14

 著者は「日本におけるPT研究の第一人者」ということらしいが、実のところ欧米の本の引き写しの部分が多そうだということが判明。日本人がPTを行うときの具体的な方策に一歩踏み込んだ解説をもっと充実させてもらいたいところだ。しかし、そういうのはコンサルタントが金を取ってコンサルテーションを行う領域なのかもしれない。

1999/2/23

 というような苦情を書いたが、実際に英語の関連書籍を読んでいくにつれて、たしかにこの本にはオリジナルな情報がかなり盛り込まれているということがわかった。この本の厚さと、基本的な事柄から説き起こしているということを考えれば、かなり充実した内容といえると思う。同じ著者による続篇が出ることを期待する。あと、巻末の参考文献リストは非常に重宝する。

1999/3/15

TRCの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ