ヒトはなぜことばを使えるか

脳と心のふしぎ

山鳥重 / 講談社 / 98/11/20

★★★

失語症にまつわる脳と言葉に関する知見の概説

 『脳が言葉を取り戻すとき』は、失語症という病気の症状を臨床的な立場から説明した本であったが、こちらの方はアカデミックな知見の概説。著者は神経心理学者で、「失語症を中心とした高次機能障害を研究」とある。

1999/2/26

TRCの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ