データベース 戦争の研究

ひと目でわかる現代軍事の基礎知識

三野正洋、深川孝行 / 光人社 / 99/03/27

★★★

その志は支持するが

 日本人のために、現代的な軍事知識をデータベースのような形で提供するということが目的の本らしい。

 第一部では、原爆投下をめぐって、それを正当化する派と不当とする派の論拠を並列している。この態度はきわめてよく、個々の論拠はそれほど詳しくは掘り下げられないにしても、この論争の概略を見るのに便利である。

 後の方の、第二次世界大戦後に行われたさまざまな戦争を列挙しているところも圧巻。

 日本の国家安全保障についての検討では、『新日本共産党宣言』でも触れた、日本共産党の安全保障政策の信じられなさを的確に指摘していると思った。まあ別に大したことじゃないか。

 残念なことに文章の質がよくない。文章の質を高めれば、個々の章をそれぞれ1冊の本にして出してもいいんじゃないかと思えるような本だった。

1999/3/31

TRCの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ