裁判はわからない

Trial

パーネル・ホール / 早川書房 / 99/06/30

★★★★

これもかなり本格的??

 スタンリー・ヘイスティングズ・シリーズの11作目。10作目は『脚本家はしんどい』である。

 検察官も弁護士も陪審員も理解できないポーカーの複雑なルール(ハイロースプリット)を、ヘイスティングズだけが知っており、アリバイの糊塗を見破ることができた、というかなり本格推理小説じみたトリックを使っている。これだけの一発勝負という点でも本格的??

1999/8/22

TRCの該当ページへ

amazon.comの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ