かくも冷たき心

Cold Cold Heart

J・C・ポロック / 早川書房 / 99/04/15

★★★

ポロックがジェイムズ・エリオットという別名で書いたサスペンス

 ポロックがジェイムズ・エリオットという別名で書いたサスペンス。CIAがソ連から亡命させていたKBG大佐が連続殺人を行っているので、そのコントローラだった元CIA局員が追いかけるという話。実際にその描写はないが、連続殺人犯が行っていたという拷問が恐ろしい。頭蓋骨に穴を開け、徐々に脳を切り取っていき、その人の様子がおかしくなっていくところを他の人に見せる、というもの。

 その点を除けば普通の話。正直いってポロックは最初の『樹海戦線』と2作目の『ミッションMIA』だけが良く、その後は完全にだめになっていた。名前を変えてもやっぱりだめなものはだめ、ということのようだ。

1999/8/23

TRCの該当ページへ

amazon.comの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ