骨のささやき

Bone Deep

ダリアン・ノース / 文藝春秋 / 99/07/10

★★★

ちょっとつらいか

 著者は『黒い未亡人』を書いた人。『黒い未亡人』もちょっとつらかった記憶があるけれども、この『骨のささやき』も読むのがしんどかった。

 主人公は形質人類学者の女性。父親が狙撃されたことをきっかけに、過去に遡って真実を発見していく、のだが、どういう真実があるのかがけっこうみえみえで、それを見抜けていない主人公が少しバカに見える、という問題を抱えている。

1999/8/23

TRCの該当ページへ

amazon.comの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ