汚れた守護天使

Bucket Nut

リザ・コディ / 早川書房 / 99/06/15

★★★★

軽快な女性ハードボイルドもの

 『見習い女探偵』、『夏をめざした少女』、『ロンリー・ハートの女』などのアンナ・リー・シリーズで知られるリザ・コディの別シリーズ、エヴァ・ワイリー・シリーズの(たぶん)1作目。ハヤカワ・ミステリで3作目までが翻訳出版されている。

 このシリーズの主人公エヴァ・ワイリーは英国に住む女プロレスラーで、プロレスの場面がいくつか出てくる。そこのところがなかなかいいので、点が甘くなっているのかもしれない。映画『カリフォルニア・ドールズ』にも似た感動がある、と言えばわかってもらえるだろうか? 『ロッキー』の感動じゃなくて。

 はすっぱな一人称描写の翻訳が少し危うい。ジャネット・イヴァノヴィッチのステファニー・プラム・シリーズの一人称描写の翻訳が優れていることは前に書いたが(『モーおじさんの失踪』)、こちらはぎりぎり許容可能という感じである。微妙なラインなんであって、つくづく翻訳は難しい。

1999/8/29

TRCの該当ページへ

amazon.comの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ