僕なら言うぞ!

世紀末ニッポンの正しい眺め方、つきあい方

吉本隆明 / 青春出版社 / 99/09/20

★★

吉本隆明がボケているというのはやはり正しかったのか

 読んでいないが、同じ出版社からの『僕ならこう考える』という本の続篇のような位置づけらしい。吉本隆明がいまの日本を生き抜くための智恵を語るという人生論の本。

 『私の「戦争論」』が非常に面白かったので、ついでに読んでみたのだが、かなり前から言われていた「吉本隆明はボケている」という説はやはり正しかったのか、と思わざるをえなかった。『私の「戦争論」』はインタビュアーによる編集が徹底的に行われているように見えたが、本書は編集作業を怠ると読むに耐えないものができてしまうという証拠となっている。

1999/9/21

TRCの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ