哲学航海日誌

野矢茂樹 / 春秋社 / 99/04/20

★★★★★

力強い本

 物語形式の入門書だった『無限論の教室』はどうも面白くなかったのだが、こちらはエッセイ形式で、内容はちょっとだけハード。力のこもった作品でとても良かった。章のタイトルは、I「他我問題」、II「規範の他者」、III「行為の意味」、IV「他者の言葉」。全体として、哲学が陥っている、第三者から見れば病気とか思えないような議論を、より一般的な感性の方に引き戻そうという試みのように思えた。

1999/9/21

TRCの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ