八十路から眺めれば

The View from 80

マルコム・カウリー / 草思社 / 99/08/20

★★★

枯れたエッセイ

 1898年生まれの著者が80歳になって書いた老人エッセイ。いわゆる「失われた世代」の人で、当人は1989年に死んでいる。

 永井明の『ぼくに「老後」がくる前に』で感じた不満がまるごと解消されるような本だ。なんせ、この人にとっては、老いのことを語る50代60代の人々も「少年少女」(boys and girlsか?)なのだから。

 訳者の小笠原豊樹による「訳者あとがき」が味わい深い。

1999/10/18

TRCの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ