平壌ハイ

石丸元章 / 飛鳥新社 / 99/08/15

★★★★★

やたらに面白い旅行記

 覚醒剤取締法違反の執行猶予期間中である著者が、北朝鮮のパック旅行に参加したときのことを書いた旅行記。

 北朝鮮はネタとして面白いということを考慮したとしても、この本はそうとう面白い。どこまで本当のことなのか知らないが、著者もツアーの同行者たちも平均的な日本人とは言いがたく、その変さが北朝鮮の変さと張り合って凄い緊張感を作り出している。その中で、日本の常識に捕われない素直な心で北朝鮮という国のあり方を見て、報告する。

 という趣旨の本なのかと思っていたら、後の方になっていくにつれ、著者の姿勢が保守的になっていく。最後の最後にはほろりとさせるようなエピソードを連続して出してきて、なかなか古典的な手管も使える人なんだなあと感心した。ちょっとあざとすぎると思う人もいるかもしれないが、全体的にとてもクオリティの高い旅行記だった。

1999/10/25

TRCの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ