韓国と韓国人

隣人たちのほんとうの話

小針進 / 平凡社 / 99/11/20

★★★

まあ普通の本

 著者は現代韓国・朝鮮社会論を専攻する学者。1999年の時点での、韓国の時事的なトピックを紹介する本。

 ところどころに変な記述があるため、全体的にあまり信用できない。まあ、普通の人のレベルでの韓国観を知るための手がかりとしてはよいか。韓国の政治状況、反日感情、統一問題に関する概説がある。

1999/11/22

TRCの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ