クリスマスに少女は還る

Juda's Child

キャロル・オコンネル / 東京創元社 / 99/09/24

★★★★★

素晴らしい粘着質女流ミステリ

 田舎町で起こった少女誘拐事件を田舎町の警察官が捜査するという話。使われているプロットは平凡で、ときには(現代のミステリ小説のスタンダードからすると)信じがたい内容なのだが、細かなくどい描写が良い効果を上げていて、全体として強い印象を与える傑作となっている。

 まあ要するに非常に面白い小説だった。細かい点は抜きにして、脇役の登場人物ひとりひとりをじっくりと描くその手腕を楽しむというタイプの本。

1999/12/2

TRCの該当ページへ

amazon.comの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ