メデューサの嵐

Medusa's Child

ジョン・J・ナンス / 新潮社 / 00/02/01

★★

いくらなんでもナイーブにすぎるサスペンスもの

 著者のジョン・J・ナンスは『着陸拒否』を書いた人。元空軍パイロットである。

 狂った科学者が作った核爆弾が、手違いから弱小航空会社の飛行機に載せられ、勇敢な機長が大変な思いをするという航空サスペンス。いろんな意味で、1970年代ぐらいに書かれていてもおかしくはないという感じの古めかしさのある小説だった。要するに、古い。1980年代前半の『超音速漂流』でさえ、これよりは意外性があったという気がする。『着陸拒否』もそんな感じの本だったので、まあ仕方がないか。

2000/2/6

TRCの該当ページへ

TRCの該当ページへ

amazon.comの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ