襲撃待機

Stand By, Stand By

クリス・ライアン / 早川書房 / 00/01/31

★★★

マクナブに続くSAS出身の作家

 著者のクリス・ライアンは、『リモート・コントロール』のアンディ・マクナブに続く、SAS出身の作家。湾岸戦争でマクナブと同じチームにいたが、途中ではぐれ、徒歩で脱出した人。『ブラヴォー・ツー・ゼロ―恐怖の脱出行』というノンフィクションを書いているようだが(未読)、1994年に退役し、1996年以降、1年に1冊のペースでフィクションを書いているらしい。本書はその1作目。

 マクナブの『リモート・コントロール』とは違って、SASの本格的な訓練や任務(対IRA工作と南米の麻薬組織との対決)を細かく描いていて興味深い。冒険小説としてはちょっとナイーブすぎて読むのがつらいけれども、リアリティのある細かい描写は魅力である。

2000/2/11

TRCの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ