ブレジンスキーの世界はこう動く

21世紀の地政戦略ゲーム

The Grand Chessboard

Z・ブレジンスキー / 日本経済新聞社 / 98/01/07

★★★

基本的な参考書

 ズビグニュー・ブレジンスキーは、カーター政権の国家安全保障担当大統領補佐官。原題は"The Grand Chessboard"。この「チェスボード」はユーラシア大陸のことで、21世紀はユーラシア大陸における地政学が重要であり、アメリカはこれにどう対処すべきかを戦略的観点から論じている。

 別にそれほど目新しくはないけれども、アメリカの世界戦略の中で、この本に書かれているような発想が十分に参考にされることは間違いないので、網羅的なハンドブックとして重宝する。

 日本についていえば、アメリカの覇権に挑戦するプレイヤーとなるだけの力はないが、挑戦しうる国である中国を牽制するためにパートナーとして重要である。軍事力を持たせたら危ないので、日米同盟のなかでうまくコントロールしていきましょう。ということで、まあそうだろうなぁとしか言えませんが、こうやってみると、トム・クランシーの『日米開戦』って本は日本に対するcomplimentだったのかと思えますね。

 日本の今後を考える上での枠組みを知るための入門書として非常に適している。要するに、日本はプレイヤーにはなれないということを改めて認識するための本とでもいいますか。

1998/3/25

TRCの該当ページへ

amazon.comの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ