国売りたまふことなかれ

大蔵省にからめとられた日本

川北隆雄 / 新潮社 / 00/03/15

★★★★

わかりやすくまとめられた本

 『官界』に連載された記事をベースにした、大蔵省の研究。大蔵省が昨今の金融・財政危機にどのように関わっているかということを論じている。読みやすい本で、入門書として好適だと思う。

 内容は、まあ常識の範囲内。これらのことについて考えると気分が暗くなるのでやめておこう。

 財政投融資の話では、猪瀬直樹の『日本国の研究』に言及して高く評価している。しかし、本当に財政投融資はどうなるのか不安だ。20年後には、一時期のイギリスのように、国外に脱出する日本人が大量に生じているだろうと思うんだが、どうなるんだろうか。

2000/4/8

TRCの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ