クジラは食べていい!

小松正之 / 宝島社 / 00/04/24

★★★★

問題はあるにせよそこそこか

 著者は水産庁で漁業交渉官をつとめている人。捕鯨問題における日本の立場を主張する本。

 IWCとグリーンピースの悪口の部分を除くと、突っ込まれそうな部分はうまく躱して、穏当なことを書いているという感じがする。しかしやっぱり文章がよくない。どうしてこう扇情的な文章になるのだろう。

 なお著者は、今後の捕鯨問題の中で、日本の立場は改善されるだろうと予測している。その理由として彼が挙げているのは、(1) CITESやその他の国際会議経由でIWCに圧力をかけられる見込みがでてきたこと、(2) 会議の透明性が増すこと(1999年から会議の様子をプレスが傍聴できるようになった。2000年にはテレビカメラも入る予定)、(3) 無記名投票が行われること、(4) IWCの分担金が国連方式のGNP割に改正される可能性があること。

 要するに、いまは上記のような条件が整っていないので、日本の主張が通らないのだと言っている。

 全体として、この著者のような人に交渉官をつとめてもらうのは、まあまあいいかなという感じだ。

2000/4/23

TRCの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ