娘たちは消えた

Girls

フレデリック・ブッシュ / 早川書房 / 00/04/15

★★★★★

重厚な作風

 主人公の大学の警備員が、近所に住む牧師の娘が失踪した事件を調査する。著者はミステリ・プロパーではなく、ミステリとしては弱いが、「ダメ男を主人公とするやたら暗い小説」という分野ではかなりの極北にまでたどりついているという感じがする。ハードボイルドと文芸小説の融合形態の理想像の1つだろう。

 なお、『夜が終わる場所』の項も参照のこと。

2000/5/27

TRCの該当ページへ

amazon.comの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ