警察官の「世間」

久保博司 / 宝島社 / 99/12/26

★★★

まあそこそこ

 著者は『日本の警察がダメになった50の事情』の人。あちらが時事的な話題を中心にしていたのに対し、こちらはもっと一般的なエッセイ形式の本。ただし基本的な内容は同じといってよく、エピソードの使いまわしも多い(本書の方が先だが)。

 どちらか1冊を読めば十分。どちらかといえば、具体的な情報の多かった『日本の警察がダメになった50の事情』の方がお勧めである。

2000/6/24

TRCの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ