日本の競争優位とは何か

情報生活革命で再来する黄金の10年

石黒憲彦 / PHP研究所 / 00/10/25

★★

言葉の上すべり

 著者は通産省の役人で、どうやらベンチャー・ビジネス関連の仕事に携わっているようだ。すでに本も数冊出しているらしい。

 帯には、「IT革命の本質」、「日本のとるべき競争優位戦略」、「偶発と創発を生む知識創造社会の形成」、「デジタル・ニューディール政策」、「気鋭の現役通産官僚が、現状をわかりやすく分析し、これからの方向性を指し示す!」とあるのだが、これはマネジメント本であった。誰もが知っていることを、空疎な言葉の連なりでまとまりなく語っている。日本の未来は大丈夫なのか、と少し不安に思った。

 まあ、こういうトピックについて突飛なことが語れないということは、市場で完全情報ゲームに近いものが行われていることを示唆しているのかもしれない。そう考えれば、そんなに悲観する必要はないのかもしれない。

2000/10/21

TRCの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ