2001年 日本の軍事力

桃井真 / 祥伝社 / 98/02/10

警鐘は鳴らしてる

 日本の軍事的シチュエーションは大変なことになっているよという警鐘を鳴らしている本。自衛隊がうまく機能しないであろうこと、東アジアがこれからきなくさくなりそうなこと、アメリカに頼らないとだめだよということ、などなど。

 それはそれでいいんですが、読み終えて気づいたのは、どうすればいいのかってことがほとんど書かれていない。かろうじてそのようなことを書いているのが、「ロシア・北朝鮮を無害化する戦略」と題されたセクションで、その戦略とは、「冬期でも航行可能な北極海航路を開拓する」。もうひとつ、「平和戦略として、北海道と沖縄に二大国際空港を建設せよ」というセクションもあったか。まあどちらも検討に値するアイデアだと思うけれども、ほんとにこれでいいのですかね?

 まあもちろん、自衛隊を機能させるための法律を整備すべきだとか、エネルギーを多角化すべきだとか、そういうレベルの話はあちこちにありますけど。

1998/3/25

TRCの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ