沖縄返還とは何だったのか

日米戦後交渉史の中で

我部政明 / 日本放送出版協会 / 00/06/30

★★★★

公文書をもとにした地道な研究

 著者は琉球大学法文学部教授の国際政治学者。本書は、アメリカの公文書をもとに、沖縄返還に至るまでの日米交渉の細かい推移を追う地道な研究である。

 返還を巡るアメリカ政府側の思惑は意外なものではない。これらの公文書から明らかにされるのは、日本政府側の代表者たちがどのようにネゴシエーションを行ったかという具体的なプロセスである。彼らの活動をどう評価するかは、もうちょっと待たないといけないだろうけれども、今後はポジティブな評価が増えるのではないかと私は思っている。いずれにせよ、本書はそのような評価のための一次資料に近く、一般読者にはちょっと瑣末に過ぎるように思う。

2000/11/25

TRCの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ