日本再生論

<市場>対<政府>を超えて

金子勝 / 日本放送出版協会 / 00/11/20

★★★

思ったよりも普通

 『反グローバリズム』の著者の本。全体として、日本経済に関するあまりまとまりのない「時評」という感じを受けたが、どうやら数章は月刊誌などに掲載した文章の再利用のようだ。

 『反グローバリズム』の項で、著者の提唱するさまざまな概念が、具体的にどのような政策にマッピングされるのかがわかりにくいと書いたが、本書はその意味では具体的な政策提言がたくさん入っていると言える。ただ、それらが各種概念の下にうまく統合されているようには見えない。『ワード・ポリティックス』と同じような印象を受けた。

2001/1/6

TRCの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ