ゲノムが語る23の物語

Genome: The Autobiography of a Species in 23 Chapters

マット・リドレー / 紀伊国屋書店 / 00/12/14

★★★★

なかなか面白い構成ではある

 ヒトの個々の染色体に対応する23の章から成る生物学話。そのような構成が先に来ているためか、本全体を貫く論理というか問題意識はあまり感じられず、個々の興味深い逸話のみが印象に残る本。で、個々の逸話は興味深いのだが、論争が起こっているテーマについて十分な両論併記が行われていないように思われる箇所がいくつかあった。結果として、コンビニとか駅の売店で売ってる雑学文庫本の超ハイレベルなやつ、という感じになっている。

 でもやはり面白い話は面白い。

2001/1/13

TRCの該当ページへ

amazon.comの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ