考える脳・考えない脳

信原幸弘 / 講談社 / 00/10/20

★★★★

コネクショニズムと計算主義の擦り合わせ

 著者の専攻は「心の哲学」だそうだ。本書はコネクショニズムの入門書。「古典的計算主義」とコネクショニズムを紹介し、脳の物理的な仕組みからも、また哲学的な観点からもコネクショニズムの方が有利であることを述べる。しかしその後に、おそらく本書の一番のウリとして、古典的計算主義で想定されるような構文処理は、コネクショニズム的な脳と外部環境の相互作用を通して行われると主張する。このコンテキストでは、知覚のインターフェイスである大脳皮質も、脳にとっての外部環境と見なされる。

 これは、ニューラル・コンピュータである脳が、外部環境にノイマン型コンピュータを構築し、入出力を行うというモデルである。著者のコンテキストでは、脳はいわゆる「論理的思考」なるものを、それ自体では一切行わない。「論理的思考」は、脳が外部環境にあるノイマン型コンピュータ上の表象を構文的に操作することによって発生するものである。こうして、一見して対立する仮説のように思える計算主義とコネクショニズムが接続される。

 このような考え方は、コンピュータに親しんでいる人ならば直観的にたどりつく地点だと思う。著者は筆算を例に出し、複数桁の掛け算は、紙と鉛筆という外部環境との相互作用によって行われると述べる。一方、1桁の数どうしの掛け算は暗算で行われるが、これはこの暗算を学習したニューラル・ネットワークのアウトプットであり、ここには論理的思考は関与していない。これは「言語が人間の思考を生み出した」とか、「道具は脳のエクステンションである」といった話と同じことを言っている。別の方向に敷衍すると、自意識とは、ノイマン型コンピュータが、ニューラル・ネットワークの状態を探っている状況のことである。

 え〜、個人的には、実際の物理的メカニズムはともかく、哲学的なモデルとしては、脳と思考の間の関係に関して、これ以外の立場はありえないんじゃないかと私は思っている。とにかく実感とぴったり来るのだ。そしておそらく世の中には、実感として、これがぴったり来ない人がかなりいるんじゃないかと思う。この「実感」は、上のパラグラフの文に引き戻せば、ノイマン型コンピュータ上で、ニューラル・ネットワークがどのように表象されているか、ということである。これはまさにニューラル・ネットワークがどのような学習を行ってきたかによるわけだ。今後、「コンピュータへの思考のオフロード」がもっと普及すれば、同じような実感を持つ人は増えるのではないかと思っているが、どうなんだろうか。

2001/1/20

TRCの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ