ドレスの下の歴史

女性の衣装と身体の2000年

Corsets et soutiens-gorge

ベアトリス・フォンタネル / 原書房 / 01/04/20

★★★

深くはないが

 女性の下着の歴史を紹介する本。コルセットとブラジャーが中心で、女性の乳房の社会的な位置づけに関する言及が多い。歴史書というよりは簡単な歴史ガイドという感じだが、図像や写真が数多く掲載されていてわかりやすい。『下着の誕生』は真面目な歴史学だったが、こちらにはあのような深みは最初からない。あちらはヴィクトリア朝の英国を取り上げていたが、こちらは扱う時期が長く、近代以降はフランスが中心となり、現代のファッションまでをカバーしている。読み物としては面白くないので、資料用として。

 『ブレストマン/豊胸外科医』は、現代アメリカの豊胸手術の盛衰を描いた映画だった。

2001/5/10

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ