ゲーム

Game, The

David Fincher / Michael Douglas,Sean Penn,Deborah Unger,Carroll Baker / 1997

★★

見終った時点で腹が立つと思う。見ない方がよい

 『魔術師』を現代アメリカに持ってきてわかりやすく理屈づけしたという感じの話。デヴィッド・フィンチャーが嫌いなので、かなりの先入観を持って見始めたのだが、やはりきつかった。

 どうもデヴィッド・フィンチャーという人は、「映像の持つ力」に過度によりかかっている気がする。この『ゲーム』はどんでん返しの続く映画なのだが、後から考えるとつじつまの合わないところがいっぱいでてくる。監督はそのつじつまの合わなさを十分に認識しているにもかかわらず、整合性よりは個々の瞬間の衝撃を追求する。その結果、必然性のないヌードやホラー映画での無意味な脅かしが次から次へと繰り出される映画を見ているときと同じレベルの困惑が生じる。もちろん必然性のないヌードも、ホラー映画での無意味な脅かしも、それらが美しいものであるのならば大歓迎なんだが、デヴィッド・フィンチャーにはどうもそのあたりの美意識が欠けている気がするのだ。

 ショーン・ペンはやっぱり良い。マイケル・ダグラスは最近になって好きになってきた。この映画でもぎりぎりまで嫌な奴を演じていて気持ち良い。

1999/10/15

IMDBの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ