マイ・スウィート・シェフィールド

Among Giants

Sam Miller / Pete Postlethwaite,Rachel Griffiths / 1998

これは情けない青春映画

 監督のサム・ミラーはこれが初監督作品のようだ。この映画の売りは、脚本を『フル・モンティ』のサイモン・ビューフォイが書いているという点にあるんだが、これがまたひどい映画で、監督だけでなく脚本にも十分に責任があるように思った。

 シェフィールドの田舎町で送電塔のペンキ塗りを請け負っている親方のピート・ポスルスウェイトが、バックパッカーのレイチェル・グリフィスと恋をするという非常に無理のある設定が、一部のATG映画を思わせる未熟さで描かれる。関連はないけれども『あらかじめ失われた恋人たちよ』を思い出した。いまさらそういう映画を見せられても困る。

 レイチェル・グリフィスだけでなく、ピート・ポスルスウェイトのヌードを見せられてしまって虚しかった。

1999/12/16

IMDBの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ