交渉人

Negotiator, The

F. Gary Gray / Samuel L. Jackson,Kevin Spacey,J.T. Walsh / 1998

★★

設定は良いのに空回り

 シカゴ市警の交渉人サミュエル・L・ジャクソンが、無実の罪をはらすために、自ら市警の内部監査部に人質をとって立てこもったので、別のところでやはり交渉人をやっているケヴィン・スペイシーが駆り出され、プロ同士の手に汗握る交渉合戦が始まった、という風に宣伝するんだろうけれども、なんか甘い。ジャクソンもスペイシーも、あまり凄腕に見えないし、交渉のプロセスも練りが不足していて、最後はごく普通の銃撃戦になってしまう。

 そうなると、ジャクソンとスペイシーの2人の濃い演技がかえって白けるという、まあよくあるパターンの映画になっていた。ほんと、この2人ははまれば良いんだけど、外れると悲惨なことになる。

 この映画の後まもなく死んだJ・T・ウォルシュが良い。内部監査部の親玉を演じている人である。この1年前の『ブレーキ・ダウン』でも素晴らしかった。惜しい人を亡くしたものだ。特にこの映画では、映画の多くの部分の緊張感をこの人が一人で担当しているような感じがする。

 監督はよく知らない人。まあどうでもいい。

2000/3/20

IMDBの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ