ウェディング・シンガー

Wedding Singer, The

Frank Coraci / Drew Barrymore,Adam Sandler / 1998

★★

あまり出来のよくないコメディだが、好感は持てる

 監督のフランク・コラチはこれが2作目。主演のアダム・サンドラーと組んで、『ウォーターボーイ』を続けて撮っている。

 結婚式の司会(ウェディング・シンガー)をやっているアダム・サンドラー(Saturday Night Liveの人)とウェイトレスのドリュー・バリモアのロマンティック・コメディ。出来の良い映画ではないけれども、サンドラーとバリモアのイノセントな感じが快くて、安心して見ることができた。1980年代を舞台にしていて、当時の流行歌がたくさん使われているため、この頃のミュージック・シーンがどれほどひどいものだったかということがよくわかる。ああいう音楽が「懐メロ」として聴かれる時代が来てしまったのかと思うと背筋が寒くなる。

 アダム・サンドラーを捨てた元ガールフレンドを演じているアンジェラ・フェザーストーンに注目。TV出身のようで、『コン・エアー』にも出ているようだが、ぜんぜん記憶にない。

2000/4/6

IMDBの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ