レリック

Relic, The

Peter Hyams / Penelope Ann Miller,Tom Sizemore,Linda Hunt / 1997

期待外れの水準以下の出来

 ピーター・ハイアムズといえば、走っているときの人間を追いかける手持ちカメラの映像が印象的な職人監督という印象があったが、今回、フィルモグラフィーを改めて見てみると、80年代に入って失速、90年代に入って最悪ではないか。何よりも『タイム・コップ』(1994)と『サドン・デス』(1995)というヴァン=ダム映画2本がハイアムズの作品だったということが衝撃的である。もともと、映画の細かい演出よりも、撮影監督を兼任しているというところに売りがあった人だけに、映像の面でも大した魅力のない映画ばかりが続くと何も長所がなくなってしまう。この『レリック』もそのラインに沿った水準以下のクリーチャー映画。

 筋がむちゃくちゃで説得力がないという批判も、『タイム・コップ』と比べれば合理的であると反論できるという感じ。

2000/4/6

 原題のrelicは、学者が南アメリカから送ってきた「遺物」のことを指しているが、この映画の字幕では、途中でいきなり登場人物がモンスターを見て「レリックだ!」と叫ぶ。『バタリアン』(The Return of the Living Dead)を思い出させるバカな仕掛けである。あっちの方がひどいけど。

2000/4/9

IMDBの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ