さすらいの一匹狼

PER IL GUSTO DI UCCIDERE

Tonino Valeri / Craig Hill / 1966

★★

ちょっと厳しい

 トニーノ・ヴァレリ監督、クレイグ・ヒル主演のマカロニ・ウエスタン。ついビデオ屋で手に取ってしまったが、あんまり出来がよくない。アメリカでの公開タイトルは"For the Joy of Killing"。原題の"Per il gusto di uccidere"もたぶん同じ意味だろう。

 トニーノ・ヴァレリは、ジュリアーノ・ジェンマ主演の『怒りの荒野』(見たけど覚えていない)、『ミスター・ノーボディ』(ヘンリー・フォンダとテレンス・ヒルのオフビートの西部劇。これは好きだった記憶あり)、『サハラクロス』(フランコ・ネロ主演の砂漠もの。そこそこ面白かった記憶あり)などを撮っている人。

 様式的な演出に懐かしいものを感じはしたが、別に後世に残る名作というたぐいのものではない。たぶんいま『サハラクロス』を見ても大いに困惑するだけの気がするし。

2000/5/9

IMDBの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ